フレーミング・ファイブ・チャレンジ
フレーミング・ファイブ・チャレンジ



こんにちは、激辛ジョニーです。


主に激辛系YouTuberとして活動しています。


メモ
  • 今まで食べた激辛料理は2000食以上


  • 日本全国の激辛料理店を回っています



早速、調査しましょう!

要約
  • 海外のYouTuber、悶絶者続出!


  • 過去にギネス登録された激辛唐辛子を使用


  • 唐辛子の辛み成分がグミに注入されている


辛さ度
★★★★★★★☆☆☆(7)

旨さ度
★★★★★☆☆☆☆☆(5)

オススメ度
★★★★★★★★☆☆(8)

『フレーミング・ファイブ・チャレンジ』とは?

フレーミング・ファイブ・チャレンジ
フレーミング・ファイブ・チャレンジ


ジェリーベリーが販売する『フレーミング・ファイブ・チャレンジ』は、5種類の唐辛子の辛み成分をグミの中に注入した激辛お菓子。


1869年にアメリカイリノイ州で事業を開始した『ジェリーベリー』は、ロナルド・レーガン大統領の就任式典のために用意されたりするなど、アメリカで人気のお菓子メーカー。


今回の激辛グミ『フレーミング・ファイブ・チャレンジ』は、2020年に販売されたばかりの新商品です。


まだ日本では販売されていませんが、海外のサイトを経由すると入手が可能。(日本では2021年5月頃に販売予定)



5段階からなる辛さ


フレーミング・ファイブ・チャレンジ
フレーミング・ファイブ・チャレンジ



『フレーミング・ファイブ・チャレンジ』は、5段階の辛さのグミが入っており、最も辛いレベルになると過去に世界一辛い唐辛子としてギネスに登録された『キャロライナリーパー』を使用します。



『キャロライナリーパー』は、タバスコの約1000倍の辛さを誇る激辛唐辛子。


その辛み成分がグミの中に注入されています。


注意書きにも書いてありますが、あまりにも辛さが強烈なので、13歳以下の子供は喫食を控えましょう。


辛さの種類
辛さレベル唐辛子スコヴィル値
1黒っぽいオレンジシラーチャ2200
2ハラペーニョ5000
3黒っぽい赤カイエン5万
4オレンジハバネロ35万
5キャロライナリーパー220万
辛さの種類



因みに厳密にいえば、この商品はグミではなくジェリーキャンディです。


グミは砂糖と果汁を動物性ゼラチンで固めたもの。


この商品は、ゼラチンの代わりにコーンスターチを使用しています。


ゲーム形式で楽しめる『フレーミング・ファイブ』



フレーミングファイブ


パーティー用のギフトボックスの中には、ルーレットが付いた付属品があります。


これを使用すれば、ランダムでグミが指定されるのでパーティーゲームにもってこいの激辛お菓子です。


また、専用のアプリもある。


『フレーミング・ファイブ・チャレンジ』を食べた感想

フレーミング・ファイブ・チャレンジ



上の写真で左が一番辛さが優しい『シラチャー』で一番右が最も辛い『キャロライナリーパー』だ。



見た目は可愛らしく普通のグミに見える。


しかし、開封すると独特な香りがするので、『これはただものではないな』と感じました。


まずは、辛さが一番優しい『シラチャー』を食べてみた。


辛さの値を示すスコヴィル値は、2200スコヴィル。


舌がピリつく程度の辛さですが、唐辛子成分を注入しているせいか、独特の風味がする。


『これは、まだ大丈夫だ。』


続いて、4番目の辛さ『ハラペーニョ』を食べる。


スコヴィル値は、5500。


この辺の唐辛子の辛さなら、まだ大丈夫そうだ。


3番目の辛さ『カイエンペッパー(5万スコヴィル)』も口の中がピリつく程度だ。


ハバネログミ(35万スコヴィル)は、じわじわと辛さがくる上に、これまで食べたグミと違い辛さがグンッと上がる。


体もポワポワ暑くなり出します。

そして、今回最も辛い『キャロライナリーパー』は、220万スコヴィルの辛さを誇る、激辛唐辛子!!


グミだからといって侮るのは危険。


『キャロライナリーパー』の辛味成分が、注入されており忠実にその辛さが再現されている。


『うぉ〜〜!!かれぇ!!!』


グミとは思えないほどの刺激。


海外のYouTuberがこぞって悶絶するのも納得の一品。


念の為、チャレンジするときは牛乳などの辛さを緩和するアイテムを用意しておきましょう!!!





他の方の感想



まとめ

まとめ
  • 海外のYouTuber、悶絶者続出!


  • 過去にギネス登録された激辛唐辛子を使用


  • 唐辛子の辛み成分がグミに注入されている


辛さ度
★★★★★★★☆☆☆(7)

旨さ度
★★★★★☆☆☆☆☆(5)

オススメ度
★★★★★★★★☆☆(8)





【激辛大学】

激辛にまつわる情報・雑学まとめサイトはこちらから


【激辛ジョニーのスパイス道】

日本全国の激辛・旨辛料理まとめサイトはこちらから




最後まで記事を見て頂きありがとうございます。



それでは、またお会いしましょう♪

おすすめの記事